金沢お葬式情報 父親の葬儀

父親が亡くなって,なにも知らないなかで葬儀に関わった記録です

親戚の葬儀

昨日、今日と親戚の葬儀がありました。葬儀社は紫雲閣でした。紫雲閣って印象が悪いんですよね。

今回の葬儀は、告別式(葬式)が友引でした。自分は、気にしないほうですが、気にする人は気にするんですよね。参列の親戚が、友引の告別式(葬式)は、友を引き寄せるという事で縁起が悪いので、友引人形を棺の中に入れておいたほうが良いと言うのです。喪主が、紫雲閣の担当者に相談すると、今はそんな事を気にする人はいないので大丈夫だと言ったそうです。
そんな事を気にする人はいないと言われても、実際に親戚の人が気にしてるので大丈夫と言われても困るよね。友引に告別式(葬式)をした事と関係なくても、しばらくして参列者が偶然亡くなられたりしたら、やっぱり友引に告別式(葬式)をしたのに友引人形を入れなかったからだと言われたら嫌ですよね。
ネットで調べたら、地域によっては友引人形という風習が実際にあるという事でした。
喪主が友引人形を入れて下さいと頼んだということでしたが、熊のぬいぐるみが入れられていました。指摘した親戚の人は呆れていました。

翌日、告別式(葬式)に出られた故人と同年齢の御高齢の人が、他人事ではないのでという事で、会場を見学したり、紫雲閣の担当者に質問をしたりしていたそうです。その時、家族葬ってどういう葬儀なのですかと紫雲閣の担当者に聞いたら、今回の葬儀が家族葬ですと答えていたそうです。
参列者は少なかったし、規模も小さかったのですが、新聞のお悔やみ欄にも通夜前に掲載し、町会にも回覧板をまわし、ごく普通に葬儀していたのに、それを家族葬だと断言するのはどうかと思います。
いくら、紫雲閣では家族葬をやっていないからといっても、嘘は良くないですよね。

またしても紫雲閣のイメージが悪くなりました。

コメントする